玉川温泉と同じ効能が期待できます

テレビでゴザを抱え岩の上に寝ている光景をご覧になった方もいると思います。 岩盤浴の発祥の地は、秋田県「玉川温泉」です。「玉川温泉」は毎年難病を抱えた方々を中心に、利用客が後を絶たない世界でも珍しい温泉です。「玉川温泉」で、「難病を克服した」という報告が多数あり、奇跡の温泉とまでもいわれています。

  玉川温泉岩盤浴の特徴
一般の岩盤浴は花こう岩と言ってマグマが地底深くですごい圧力を受けて固まったものが花こう岩ですが、産出する場所で名前はまちまちです。ブラックシリカ・那智石などですが、特徴は少しの熱を加えれば遠赤外線を出し体の深部から温めてくれます。そのとき出る汗は汗腺から出るベトベトの汗ではなく、皮脂腺から出るサラサラの汗です。皮膚の保護膜=皮脂膜を作ってくれます。すぐにシャワーで洗い落とすのはもったいない話です。天然の保湿液と乳液のようなもので覆われます。

 玉川温泉岩盤浴は一般の岩盤浴にプラス次の効果が有ります。
@ラジウム効果=ホルミシス効果については次項で詳しく述べます

A乾燥式でレジオネラ菌・大腸菌の発生が無いことが公式に証明されています。

B高床・ドームタイプで首から下がポカポカ状態です。玉砂利状になっていますからうつ伏せ、仰向けになる必要は有りません。サウナが苦手な女性にも人気が有ります。

C個室で中にもカーテンで仕切った更衣室が有ります。

D着替え・タオル等用意していますが、ご持参すると300円お安く
  なり1000円になります。通常1300円です。  


 岩盤浴は、中高年から若い方々まで幅広い年齢層に爆発的な人気が出ています。特に若い女性に人気で、美肌効果、ストレス解消、ダイエットにも効果的です。

岩盤浴は現代人の救世主!!

現代は冷暖房がどこにでもあります。外気温は高いのに、室内や車内も電車の中も涼しいのです。汗をかく機会が少ない現代人の汗腺は退化してきているのです。日本人がこれからも汗腺機能を使わなければ体温の調節機能や、しいては脳の働きまでも退化してしまいます。

汗をかくことの重要性!!
なぜ汗をかくの?
@体温調節 低体温(体温が35度だい)
  1度下がると免疫力が30%低下すると言われます。
 A体内の老廃物の排出 デトックス効果

汗をかかないとどうなるの?
@代謝不良による肥満体質
A体温上昇による貧血、熱中症
B老廃物の蓄積による体調悪化
デジカメ190330 051.jpg

ホルミシス効果について

ラジウムは微量な人体に有益な放射能を出します。その効果をホルミシス効果といいます。ラジウムがアルファー崩壊するとラドンガスがでます。寝ながらガスを吸い込むのも効果が有ります。
 【ラジウム、ラドン温泉で効果があるとされるもの】
1.ストレス解消
 その分子レベル効果において、ストレス蛋白質の誘導合成が行なわれると共に、マイナスイオンとの相乗効果により、心理ストレスの低減効果が有るとされてます。(電力中央研究所資料)
 当院の岩盤浴は他鉱石の10倍のマイナスイオン

2.若返り・老化防止
 私たちの体は、活性酸素による酸化で生じる細胞膜の過酸化脂質の増加によって細胞膜を硬化させ、老化していきます。しかし、ホルミシス効果により活性酸素による酸化を抑えるSODと言う酵素が増加し、細胞を守り、各臓器機能、脳神経機能を含めて老化を防ぐとされています。要は細胞膜に過酸化脂質がべっとり着くと酸素や栄養がしみ込みにくい状態、それを改善すれば細胞に酸素や栄養がしみこんでいきます。(岡山大 森教授・電中研 山岡研究員)

3.しみ・たるみの修復
 コラーゲン繊維の劣化が大きな原因とされますが、上記ホルミシス効果で細胞の活性化により、コラーゲン繊維の劣化の修復に効果が有るとされています。(参考文献・放射線ホルミシスの話)

4.免疫理想状態の形成 
生命体は常に、遺伝子の活性化と酵素やホルモンの産生によって、悪条件と闘おうとしています。ホルミシス効果によって、電離放射線が電子イオンを体に作り出し、これが結果的に細胞の活性化・自然治癒力の促進・新陳代謝の亢進などの作用を発揮しているとされます。免疫系の司令塔ヘルパーT細胞が増加し活性化する。
 (電中研名誉顧問 服部)

5.病因阻止
 ホルミシス効果によって、SODの増加だけでなく、細胞の酸化を阻止する酵素グルタチオンペルオキシターゼの増加が確認されています。このことから活性酸素によって局所の細胞が酸化消滅することが主な原因の多くの難病の進行を防止し、快復させることが予想されます。(東大 二木教授 高橋助手など)

6.ガンの抑制遺伝子の増加
 ホルミシス効果によって体内のP53遺伝子が増加活性化します。P53遺伝子は活性酸素によって傷ついて、ガン化する可能性の高い細胞をアポトーシス(細胞自殺)させる蛋質を作り、DNAの傷ついた遺伝子の分裂を抑える蛋白質を作る。(電中研名誉顧問 服部)

玉川温泉には年間15万人もの湯治客が訪れ、その多くはガンやリュウマチなどの難病を抱えたかたです。秋田県まで行くことを考えれば玉川温泉岩盤浴でも同じ効果が期待できます。