昨日もぎっくり腰が二名

ぎっくり腰を繰り返し

月曜から自宅で寝ていた

 

何とか動けるようで来られた

なんでぎっくり腰になるのか?

 

何かのはずみで痛みが増す

決して重いものを持ったわけでは無く

 

こんな人の共通点は

座った時の姿勢が原因

 

これさえ辞めれば強い腰に

自信も持てる腰になれる

 

体には207個骨が有る

関節もそれなりにある

 

ほとんどの関節は筋肉で

守られ、安定するが

 

骨盤の仙腸関節だけは例外で

筋肉で守ってくれない

 

筋肉で閉めていたら

疲れた場合立っておれない

 

仙腸関節は靭帯と言う

硬いバンドで止めている

 

立位の時は誰しも腰椎は前弯

その時は仙腸関節ま締まっている

 

腰椎の前弯を後湾にして

しかも足まで組んで座れば

 

仙腸関節を止める靭帯が

伸ばされ緩んでくる

 

関節が緩々では

くしゃみをしただけで痛くなる

 

仙腸関節が緩い人が多い

老後までは持たないでしょう

 

ではどうすれば締まるのか

答えは簡単です

 

骨盤を立てて座る事

1時間60分は無理です

 

メリハリをつけて

正しく座る意識が有るか無いか

 

最近では触れずに骨盤や

股関節、腰椎のズレを調整

 

イメージするだけで戻る

触れないのだから壊すこともない

 

正しい座り方や

正しい骨盤の立て方指導します

 

腰痛持ちでは人生暗いです