衛藤整骨院のごあいさつ

                                                                

                                                                                    衛藤.png     

       衛藤整骨院&衛藤整体院                         

    衛藤式総合療法(total療法)
               
何かのご縁で当ホームページを見て頂きありがとうございます。

2017年4月から健康保険取り扱いを辞退し、完全実費といたします。

今まで長きにわたり衛藤整骨院をご愛顧頂いた患者様には紙面では有りますがお礼を申し上げます。

4月より実費部門として「衛藤整体院」を併設します。http://www.etoseitai.jp

徐々に衛藤整体院のホームページに重点を置いて記事を書いていきます。



これからは、健康保険取り扱いの審査が益々厳しくなってきます。

ご承知とはおもいますが、整骨院ではつい最近、自分でした、怪我(捻挫・打撲・肉離れ)のみが保険対象です。それ以外は保険適応外になります。亜急性捻挫(繰返し動作で痛くなった場合)も適応内でしたが、外部からの反発で適応外になり、捻挫は直達外力による捻挫しか認められなくなりました。あなたも日常そんなに捻挫をするものでしょうか?疑問でしょう。お互いがグレーかブラックになります。これでいいのか?患者さんも何が何でも保険で治療してくれと言えなくなります。


整骨院の保険取り扱いを辞めて分かった事 こんなすっきりした気持ちになったのは久々です。

皆さんの怪我をした原因の事が正当かいつも考えて、月末月初めは徹夜してレセプト仕事をしていました。

いつも「もやもやした気分」でした。


今は腕一本で仕事をし、正当な評価を受け、その対価としてお金を頂いて生活をしています。

月末仕事も無く、釣りや畑仕事も出来、セミナーにも参加しています。


どこの整骨院でも同じ施術ができる訳では無く、沢山先生が居るとこは最低レベルに合わせないと会社として成り立ちません。分院展開するなら「早く良くするな。」とも言われます。


早く良くしてくれる整骨院や整体院を探すこと自体難しくなっています。

資本力が有るとこは、人を引き付ける資金が潤沢に有りますが、腕はありません。


私の初心に「自分の坐骨神経痛がどこに行っても良くならなかった時代」同じような経験をしている人を救いたい思いでこの世界に入り、1回が何十万円もするセミナーに通い続けて、自分なりに発展させて身につけた手技で一人でも困っている方々を救えたらと思い、日々精進しています。


それに保険内でだらだら何カ月も通院するより、高度な技術で短期間で改善した方が時間もお金も節約になります。私の持てる全ての力を尽くし、できる限り早く体の不調から改善するよう努力します。


私も学生時代を含めこの道を志して40年、のべ40万人以上の臨床経験が有ります。「ほねつぎ」骨折の整復から後療をして変形治癒も出さず骨折の施術が出来た時代から、1日一人で70〜80人施術をやっていた時代、整骨院の規制緩和で乱立時代を迎え、健康保険の終焉を迎えました。